風俗だけは攻めに徹する私の体験談です。

風俗では攻める僕

余計なことはしないのもいいですね

投稿日:2017年8月12日

デリヘルが風俗の中では一番ツボですかね。自由なのもそうですけど、余計なことをする必要もないじゃないですか。お店の風俗だと余計と言ったら失礼ですけど、待合室で何時間も待つケースだってありますし、お店の人から爪を切っているかとか、交渉したりとかすぐにでも楽しみたいって思ってもなかなか楽しめないんですよね。その間に自分の気持ちが変わってしまう可能性だってあるんです。それよりは、自分の気持ちそのままに利用出来るデリヘルの方が自分としても余計な気を使う必要がないのでそっちの方が良いのかなって思いますよね。風俗って直接的な快感も大切だと思いますけど、それよりも気持ちも大切じゃないですか。余計なことを考えてなくともよいので、デリヘルは快感だけに集中することができるんです。そこが自分が最近デリばかり利用するようになってきた理由なのかなって思っていますけどね。単純に考えて、やっぱりデリヘルは気楽だなって思いますし。

元カノに似ていたデリヘル嬢だった

この前のデリヘル嬢、いろんな意味で印象に残っています。彼女に関しては風俗のポータルサイトでチェックした時からドキッとしていたんですよ。なぜなら元カノに似ていた風俗嬢なんです。ただ、幸か不幸か胸の大きさが元カノよりも断然素晴らしいものだったので本人ではないなってことはすぐに気付かされたんですよね。もしも彼女も微乳だったらもしかしたら本人なんじゃないかって余計ドキドキしていたかもしれません。彼女は何をしてくれたとかではないんですよね。ただ元カノの似ているってだけでこっちが勝手に興奮したってだけの話なのかもしれませんけど、それでもいいんです。相手に対してではないものの、プレイに於いてあれだけ感情移入するようなことってそうそうないと思うんですよ。感情移入することができたのも、彼女が元カノに似ているデリヘル嬢だったからこそだと思うので、彼女との時間は昔を思い出していろいろと燃え上がった時間になったんじゃないかなって。